トラック最新情報

トラックの維持費は乗用車より安いけど

トラック、つまり貨物車の維持費は同じような大きさでも乗用車とは違っています。
例えば1トン車のトラックはステーションワゴンなどと共有のブランドで売られているものがありますし大きさもほぼ同じですが、維持費は大きく異なってきます。
まず一番違うのは自動車税です。
同程度の乗用車に比べて安くなっています。
例えば2000ccクラスの乗用車は39500円ですが、貨物車はは2-3人乗りで8000円からです。
車検の時に納付する重量税もやや安くなっています。
全体的に産業優先で仕事の車とされているので安く抑えられているのです。
ただし自賠責保険や任意保険などの保険は高くなっていることが多いです。
これはやはり全体的に走行距離が多くどうしても同じ期間では事故が起こる確率が高くなっているのでしょう。
特に1ナンバーの普通トラックの保険は3ナンバーの普通乗用車に比べてずいぶん割高な感じになります。
大柄のピックアップを乗用車代わりに使うことがありますが、自動車税の安さを保険の高さで消してしまう感じになります。

維持費無しでトラックを使う

トラックを保有していることによって、ガソリン料金や税金などの維持費が必要となってきます。
さらに、駐車場を借りてそこにトラックを停めておけば駐車場代という維持費も求められたりします。
しかし、それらのコストを支払わなくても車両を使用することができる方法が存在しています。
それはレンタルサービスを利用することで、色々な利点があると指摘することができます。
レンタルを利用することによって、必要な日数だけ使用することができるので自由度が高くなります。
その上、必要になるのはレンタル料金なので維持費を支払わなくても使うことができるのです。
トラックは、所有しているものを使うというケースとレンタルしたものを運転するというケースに分けることが可能です。
なお利用するときには、どのような条件を満たせばよいのかを調べておくことが重要になります。
レンタルサービスという存在によって、好きなときに必要なときだけ車両を使うことができるのです。

Copyright 2015 トラックのいま All Rights Reserved.